漫画のカルチャーセンター漫画教室(関西・関東・愛知)は講師募集中です。ご自身の持つ専門スキルや経験を活かし、好きなマンガに携わりながら、自由に仕事をしたい方を応援しています。

 
漫画カルチャーセンター講師募集TOP > (マンガ先生の求人!漫画教室) > よくある質問(FAQ)
よくある質問
どのように応募すればよいですか

まずは募集要項を読み、エントリーフォームより応募をお願いいたします。
その後、担当者より、その後の流れについてご案内します。

 
 
未経験でも応募可能ですか

カルチャーセンターでは生徒さんに対する姿勢が大切。講座では、生徒さんの大好きなマンガの話をしながら、気持ちが解れてきたところで、必要と思うアドバイスを入れてあげる、作画の良い所を褒めてあげる。講座で生徒さん達と、一緒に成長していける方なら活躍できます。
また、研修などのサポートも充実していますので、未経験の方でも安心してご応募ください。

 
週何回から講座を受け持つことができますか
週1回程度、1講座120分から勤務可能です。最初に、お申し込み時点で、ライフワークに合わせた時間内で講座の時間を決めることができます。
* 開始した後、事情が変わった場合でも、次のシーズン(1月,4月,7月,10月)が始まる2か月前であれば、生徒さんと調整した上で、教室を移動することができます。
 
服装や髪型に決まりはありますか
サブカルチャーというカテゴリーに入るマンガの講座なので、自由をなによりも大切にしています。つまり、コスプレでもOK(笑)!清潔感のある服装や髪形であれば、自分のセンスを出して頂いた方が、講座が愉しくなります!とお伝えしています。
 
 
他の講師とのレベル差が、心配・・
不安を感じる要素の一つが、他の先生の講座が盛り上がっているんですよ!と聞くと、その日の気持ちにもよりますが、なんか差をつけられたとかマイナスイメージを持ってしまうけど、見方の違いで、楽しく捉えていけば良いですよ。比較するのではなく、盗んじゃおうという感じ。芸人さんがギャグとかネタとか、もらいました〜というような、サンマさんのように「戴いちゃおう」というノリが良い感じ・・。 実際には講師毎に、作画が得意だったり、背景が得意だったり、ストーリーが得意だったり、BLが得意だったりと千差万別なのです。少しづつ、慣れていけば良いと思います。
 
 
研修制度はありますか
研修制度、サポート体制は万全です。最初の講座では体験コースから生徒さんが入ってきますが、事務局スタッフが一緒になって、対応の仕方や接し方をお伝えします。また、講座に一人も来ない日があっても、キチンと講師費用はお支払いできる仕組みを取っています。
 
 
副業など、他の仕事との両立はできますか
両立可能です。ご自分の生活スタイルに合った講座を開催していただけます。マンガ家として活躍されている方も、アシスタントとして活躍されている方も、マンガ愛に溢れる生徒さんと接することで、活動の幅が広がって、学ぶことがとても多いという声も頂いています。
 
 
講師の待遇はアルバイトのような時給制ですか
漫画カルチャー(MCG)に参加して頂いている講師の方々は、社員やアルバイトなどの雇用契約とは異なり、委任契約です。報酬は月給や時給ではなく、担当する受講者の人数と担当コースの謝礼単価に基づいて算出されます。1講座5,000円/120分+生徒数補正(+最大4,000)となっています。
最初に受講者が集まらなくても、一般的なカルチャーセンターのように、無報酬ということにはなりません。報酬が保証される仕組みですので、ご安心ください。
 
多くの人数を扱えるか、心配・・
例えば1クールは3ヶ月の隔週で6回です。どうしても時間がなくなる日には、ある生徒さんには短い時間、1回しか見れなくても、次の回で少し大目に時間をとって調整していく。その時には「ごめんね!次回、時間を取るからね。」と一声かけて、1クールでアドバイスをしていくようにする配慮が、生徒さんの信頼に繋がります。
 
 
交通費は支給されますか
遠方の方でも、交通費は別途全額支給となっています。もし距離的に気になるようであれば、勤務地の変更も可能ですので、お気軽にご相談ください。
 
 
勤務日程については最低月何日などの決まりはありますか
勤務日程については、週に1度、或いは隔週に1、2回程度です。
毎月隔週2日間、1・3週、2・4週の月2回を確保できるかどうかを条件としています。例えば、1・3週の金曜日19時〜21時の2時間というような、固定スケジュールの確保をお願いしております。
 
生徒さんが私の講座に来るかどうか、心配・・
カルチャーの講座って、タイミングや立地が重要なので、先生個人に魅力を要求する、ということはありません。他のカルチャーでも、講座の内容、場所、曜日を見てきますので、先生個人はそんなに気にやむ部分ではありません。来るところまでは、関係無いとお考えください。

開催する場所によって教室差があります。最初は数名程度ですが、慣れて来て、順調に増えていった場合、5名〜15名の範囲に収まる教室が多いようです。生徒さんもお互いに交流がはじまりますので、愉しい場が生まれます。
 
グループレッスンの経験が無く不安、大丈夫でしょうか
普通の学校と違い、受講者さんの技量がバラバラ、年代も違いますので、一度に集団で教えることは不可能です。従って、各々の受講者さんが作品を作っているのをアドバイスしたり、サポートする形になります。

やはり一番の前提は、このマンガを上手くなりたい!という生徒さんの夢を叶えてあげる素敵なお仕事ですから、不安があるかもしれないけど、回を重ねるごとに立ち位置もわかってきます。生徒の中に混ざって、仕事というより、生徒さんの夢を叶える有意義さを感じるところだと思います。
 
質疑応答が上手くできるか、心配・・
わからなければ、その場でキチンと「わからない!」と伝えていきましょう。生徒さんは、先生が、真剣に考えてくれているかどうかを見ています。次の回で"答え"を持っていけば、「この先生は、信頼のおけるいい先生かも‥」と思ってくれます。約束を守っていくと信頼される、回数をこなしていけば、次第に質疑応答の質も上がっていきます。
 
他の仕事との両立が可能ですか
カルチャーの講師の仕事と並行して、自身の制作活動も続けている方が大半です。他の職業と兼業されている方、主婦として、しばらくマンガ業界から離れている方もいます。
多くの講師に共通するのは、せっかくの専門技術を活かして愉しい仕事をしたい、仕事の幅を広げたい、マンガ業界に少しでもかかわっていたい、マンガを描くのが好きな人の役に立ちたいな、という方が多いです。
 
勤務する曜日や時間を、後から変更できますか
可能です。シーズンの2ヵ月前に、教室の手配などのスケジュールを調整した上で、勤務する曜日や時間を変更することができます。例えば、年始年末、或いはお盆の長期休暇、その他の休暇など、前もって調整することが可能です。
 
引越しをしても講師の仕事を続けられますか
漫画専門のカルチャーセンター(MCG)の講座教室がある場所なら、結婚や配偶者の転勤など、自己都合により転居する場合も、転居先での稼働条件が整えば、再び活動することができます。また転勤先に教室がないエリアには、講座開催の要請を頂ければ、新しい教室の開設準備もいたします。
 
 
講師の仕事のメリットは何ですか
やはりカルチャーにおけるマンガ講師の一番の魅力は、このマンガを上手くなりたい!という生徒さんの夢を叶えてあげる素敵なお仕事ですから、カルチャー講師の仕事では、とても有意義さを感じて頂けると思います。

マンガを上手く描きたい!と強く思っている生徒さんを応援していく、生徒さんと一緒に共同作品を作る講師の方もいれば、上達していく過程を喜ばれるのが嬉しいという方もいます。

本カルチャーセンターは、マンガを描くのが趣味の生徒さんの講座です。参加者のみんながマンガ大好き!生徒に混ざって教えていると、「とにかく愉しい!」「毎回、いろいろな発見をさせられる!」「学びが多いかも!」「仕事というより私の癒し♪」という声をよく聞きます。

先生と呼ばれる職業になりたい方は大勢います。しかし、実現できずに終わってしまう方が大半でもあります。自分が学んだ専門技術を教える!という活動を通しての新しい発見や経験は、本当にかけがえの無い、貴重な人生の経験になるのではないでしょうか。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
マンガを上手に描きたい方々の拠り所になる講座☆みんなで作っていきませんか!ぜひ、ご参加アレ(*'▽')/